電話ロゴ

セーリッシュの相続コンサルティング


「相続の道先案内人」がワンストップで相続手続きをサポート

一般的に相続の相談は司法書士、税理士、弁護士に行うことになります。しかし、いざ相続の手続きを行おうとすると手続きや書類製作で自分では分からないことが多く出てきてしまい、その都度専門の方へ確認することが多くなってしまいます。その説明を受けても専門用語が飛び交い、理解が追いつかずに何度も頭を下げて繰り返し説明を受けるという場面も珍しくありません。
当社では「相続診断士」の資格を取得したスタッフが『相続の道先案内人』となり、ご家庭のリスクを明確にすることで解決に向けての最適な相談ルートを提案しております。司法書士、税理士、弁護士といった士業とも連携が取れており、士業の方々の専門用語も分かりやすく説明しながら、ワンストップで不動産相続の手続きを行うことができますのでお気軽にご相談ください。

不動産の相続手続きには様々な士業とのやり取りが発生する

「相続の道先案内人」が士業とのやり取りを代行する

複雑な不動産相続も最適な相続方法をご提案

不動産の相続は仕組みが複雑で揉め事の原因になりがちです。例えば、自宅を相続人で平等に分けようとしても不動産を分割することはできません。不動産を分割相続するには共有分割にしたり、一人が相続してその差額を現金で他の相続人に支払う代償分割、不動産の売却代金を分割する換価分割などの対応が考えられますが、これらの対応を行うには不動産相続の専門知識が必要となります。
不動産屋でありながら相続診断士のいる当社であれば、状況に応じて最適な不動産相続方法をご提案しております。不動産相続のサポートを行うだけでなく、アパート運営のコンサルティングや不動産管理など不動産資産の運用も行うことができます。

不動産の遺産分割方法の例

換価分割 代償分割 共有名義
特 徴 不動産を売却して代金を分ける 不動産を相続した人が他の相続人に現金などを支払う。 複数の相続人共有名義で所有管理をする。
メリット 平等に分割できる 平等に分割できて、不動産を残せる 平等に分割でき、不動産を残せる
デメリット 希望価格で売却できないこともある土地の属性によって売却が難しい 代償金額でもめる可能性がある
不動産を相続する人は代償金を準備しなければならない
売却の際には共有している相続人全員の同意が必要
相続人が無尽蔵に増えてしまうことがある
換 価 分 割 特 徴 不動産を売却して代金を分ける メリット 平等に分割できる デメリット 希望価格で売却できないこともある土地の属性によって売却が難しい
代 償 分 割 特 徴 不動産を相続した人が他の相続人に現金などを支払う。 メリット 平等に分割できて、不動産を残せる デメリット 代償金額でもめる可能性がある
不動産を相続する人は代償金を準備しなければならない
共 有 名 義 特 徴 複数の相続人共有名義で所有管理をする。 メリット 平等に分割でき、不動産を残せる デメリット 売却の際には共有している相続人全員の同意が必要
相続人が無尽蔵に増えてしまうことがある

遺産分割協議を冷静に取り仕切ることができる

当社では遺産分割協議時に相続人の間を仲介して取り仕切るサービスも提供しています。利害が絡む当人同士での遺産分割協議は揉めてしまうことが多いのですが、利害関係が生じない私たちが間に入ることにより、遺産分割協議を冷静に進めることができます。当社では相続サポートの実績が豊富にありますので、過去の事例も踏まえながらそれぞれのご家庭にとって最適な遺産相続方法をご案内しています。

相続の準備を早めに進めれば相続争いは予防できる

相続のトラブルの多くは、事前に相続の準備を進めておけば防ぐことができます。不動産を売却する場合も、事前に準備を進めることができれば売却価格を高くすることも可能です。相続について積極的に話をすることは乗り気にはなれないかもしれませんが、少しでも相続の不安がある方は早めに専門家へ相談をすることをオススメしております。当社では相談は無料で行っていますのでお気軽にお問い合わせください。

電話ロゴ

お電話でのお問い合わせ
TEL.027-288-0276

メールでの
お問い合わせはこちら

Fudousan Plugin Ver.5.3.0