電話ロゴ

高齢者の財産トラブル対策について


昨年の消費者センターの統計によると、60歳以上の消費者トラブルが60歳未満の2倍となっており、増加傾向にあると言われています。60歳70歳はまだまだ現役、80歳90歳それ以上の方でも元気に生活されていらっしゃる方は沢山いらっしゃいますが、一生涯で認知症になる確率は50%といわれ、誰しもが認知症になることが考えられます。

先日、あるお客様(長男:50歳)から「遠方に一人暮らしている父(81歳)の財産を守りたい。」とのご相談をいただきました。日頃から訪問販売業者が頻繁に訪れるようで、ある時、床下無料点検と称し業者が訪問、「床下が腐っているからすぐに修理しなければ危険」と言われ契約をしてしまったとのことでした。たまたまその日の夜に別居する娘さんが訪問し、詐欺ではないかと気づいたため事なきを得ましたが、自宅にもし現金があったら契約金全額払ってしまっていたかもしれません。見えないだけに騙されやすい箇所ですよね。後に別業者に見てもらったら、カビは少々あるものの危険レベルではないし、契約金額も高価すぎるとのこと。

これを機に、息子さんの心配は増し、今回の相談となりました。

お父様自身は、亡くなった奥様が認知症であったため、認知症は身近に感じておられる様で、自身の判断能力の低下も心配されていました。

そこで家族信託を提案させていただきました。

家族信託とは、本人が元気なうちに、信頼できる家族などに、自らの財産の管理や処分を任せる仕組みです。

いつ何があるか分からないご時世、家族一人一人声を掛け合い、家族の財産の管理方法を考えられてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

最新の更新

カテゴリ

月別アーカイブ

電話ロゴ

お電話でのお問い合わせ
TEL.027-288-0276

メールでの
お問い合わせはこちら

Fudousan Plugin Ver.5.3.0